【秋の特別対談】髙山正之氏と語る[桜H30/10/6]

Share
Embed
  • Loading...
  • Published on:  Saturday, October 6, 2018
  • 安倍首相が自民党総裁3選を果たし、引き続き舵取りを担う我が国は、来年の御代替わり、再来年の東京オリンピック、そして、宿願の憲法改正が成るかどうか等、重要な分岐点をこれから次々と迎えることとなる。そんな秋に、保守の重鎮達の洞察と慧眼に満ちた視点をじっくりと伺い、これからの日本人の在り様を探ります。

    ゲスト:髙山正之(コラムニスト)
    聞き手:水島総(日本文化チャンネル桜代表)

    ※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
    http://www.ch-sakura.jp/579.html

    ◆チャンネル桜公式HP
    http://www.ch-sakura.jp/
  • Source: https://youtu.be/1eUhdis0mkQ
Loading...

Comment

  • 太田誠

     (Oct 6, 2018)

    髙山先生のご自身の足で取材された行動力に基づく、多彩な分野に精通した、辛口も交えたお話桜のキャスターの中でも特に好きな先生です。今後ともFront Japan 桜 を通じてのお話も期待しています。 いつも目から鱗のお話しありがとうございます。できるだけ多く出演されて私たちにご教示くださいよろしくお願いいたします。

  • 心ざし 高い

     (Oct 6, 2018)

    アメリカ批判の第一論者、髙山正之が、トランプを支持する。トランプは、本物です。今、中間選挙の応援演説で、全米の各州で演説しているが、集まっている支持者の数は、とても、多い。大統領選挙の時と同じだ。しかし、日本のメディアは、報道しない。メディアは、真実を伝えたく無い様だ。

  • yosi singu

     (Oct 10, 2018)

    アメリカも日本もマスコミはフェイク、フェイク、フェイク、マスゴミと言われる所以。今ではニュースはほとんど見ないTVも新聞も。アメリカが連合軍が戦時中、日本人捕虜にどれ位酷い事をしたか皆さん調べてみてください。学校では日本軍が酷い事をしたと教わったが。反対では?

  • q8j4ud92gs

     (Oct 6, 2018)

    秋と年始の2回だけではなく、長期な展望や哲学を聞けるこのような対談を年に4回はして欲しいです。視聴者が国内、国外で俄然に増えると思います。CH桜でこそできる対談と思いますので。普段のチョコマコしたニュース解説だけでは欲求不満になります。

  • 甲賀芳朗

     (Oct 6, 2018)

    高山先生の話しで一番の目から鱗が落ちたネタはマッカーサー元帥が厚木に降り立った時の画像、おもらししちゃってちびったシミの部分を、後で修正した話しですかね。厚木の凱旋将軍 「マッカーサーは失禁していた」『歴史通』 2014年9月号 高山正之https://ironna.jp/article/2747いちお念のため、ちびったことに反論している方もいるようなので貼っておきます。マッカーサーが飛行機から降りるとき失禁して・・・https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10184386730反論の根拠として動画 ↓【カラー映像】マッカーサー厚木海軍飛行場 ~ General MacArthur in Atsugi airporthttps://youtu.be/5_mhHXmNupwhttps://youtu.be/oLWXznenJkEこの動画では確かにその部分にシミはみえませんが、おもらし前かもしれず、これをもって反論の根拠にするには宣伝のための映像なので着替えて取り直しくらいするでしょと...

  • ポンパhiro

     (Oct 6, 2018)

    変人かと思わされてたトランプさんが実は・・・・・正義感あるヒーローかもしれないという驚き。若き日からアメリカをじっくり確かに見続けてきた高山さんの・・・・喜びが響いて 胸が躍った。

  • ポンパhiro

     (Oct 10, 2018)

    +tadamasa yamada ?

  • tadamasa yamada

     (Oct 10, 2018)

    ポンパhiro で

  • kart 80701

     (Oct 6, 2018)

    高山さんに聞きたかった事を社長が聞いて下さった。良いインタビュー。それからチャンネル桜のいろんな番組で聴けますが、さやさんの歌声いつ聴いても癒される。

  • ganbareya

     (Oct 7, 2018)

    天に唾する中国共産党の残忍,非道な反省のない歴史を知ろう法治、自由、人権、正義、公正の無い社会ー中国, 恐ろしい!!弱肉強食社会中国、 気地害国家中国、 糞国家中国に天罰が下る事を願う!! https://www.thclips.net/video/p6qCezxiHPM/video.html

  • 柳川伸之

     (Oct 6, 2018)

    孫文の奥さんは宗慶齢、蒋介石の奥さんは妹の美齢、結局はネオコンに利用されただけの人物でしたね。

  • 柳川伸之

     (Oct 29, 2018)

    +SSK撫子 さん、馬渕先生もスターリンは殺されたんでしょうねと仰っていましたよ。〖日本の隣国がジューから乗っ取り方法を伝授されてる、とは元総理側近から聞きました。〗私もそう思います。

  • SSK撫子

     (Oct 29, 2018)

    柳川伸之 さん 確かソ連の外交官イワノフさんの講演会録で、スターリンがユダヤ人に殺されたと読んだ記憶があります。スターリンは混血ジューイッシュだったのでしたよね?日本の隣国がジューから乗っ取り方法を伝授されてる、とは元総理側近から聞きました。

  • 越後のTORA次郎

     (Oct 6, 2018)

    やっぱりアメリカが恐れたのは日本の〝緻密さ〟だったんだろうと改めて思う。というのはちょっと説明が必要かも知れない。緻密さという点で言えばアメリカも持っていて、アメリカの緻密さは戦略だろうと思う。特に情報戦という部分の緻密さは当時世界屈指だっただろう事がCIAという組織からも容易に伺える。明らかにアメリカはそういう〝緻密さ〟で西洋の覇権をものにしたのだと思う。欧米諸国の中でその〝緻密さ〟にかなう国は無かったであろうし、全ての国はそういう戦略でしか戦う術を知らなかったのだと思う。そんな中、日清・日露戦争という極東を舞台とした世界規模の戦争が起きた時、初めて目にする小国の日本という国の戦い振りと勝利を見て驚愕したのだろう。〝一糸乱れぬ統制力〟と〝技術的正確さ〟というものを始めて目の当たりにして、自分たちのセオリーにない〝緻密さ〟を理解できなかったに違いない。それが事のほか大きな脅威に見え、〝たかが東洋の島国〟という意識を捨てざるを得なくなり、アメリカを脅かす存在として標的になって行ったのだろうと思う。因果な事だと今更ながら思ってしまう。

  • 01123 daVinci

     (Oct 7, 2018)

    オバマ政権時代は安倍総理に対しアメリカメディア・議会が「歴史修正主義者」のレッテルを張っていたことを思い出します。ルーズベルトの罠に嵌められた真珠湾の真実も、自ら学び情報を取り入れるネット民以外、殆どの日本人は知らない。アメリカと言う国の狡猾さ、醜さを十分理解した上で同盟国として付き合って行かなければならないとのご指摘はごもっともと思います。