【360°VR討論】いわんかな#4-2【戦後最大の国難!この衆院選は改憲への第一歩】堤堯、高山正之、馬渕睦夫、志方俊之、福島香織 ほか 日本の国益を考える勉強会

Share
Embed
  • Loading...
  • Published on:  Friday, October 13, 2017
  • 【今回のお話】衆議院解散総選挙(10/22開票)直前SP!後半です!迫る北朝鮮や中国からの危機に対し、最大の争点は「憲法改正」「自衛隊明記」ではないか。これは日本の国益を守るための、保守再編への第一歩。また、希望の党の本質をきちんと見きわめ、投票いたしましょう!

    ※動画の名前が「いわんかな」に決まりました!

    ★通常映像版(#4-2)・・・https://www.thclips.net/video/oM-D3m6FpZM/video.html
    ★360度映像版・前半(#4-1)・・・https://www.thclips.net/video/CLC8QSgOBp0/video.html

    ★これまでの動画はこちらから
     https://www.thclips.net/channel/UCrgpzZ0lkQ1vAnowJU5iThQ


    〜後半の目次的なもの〜
    <北朝鮮への武力介入 米国、中国、ロシアの動向>
    ・リアル朝鮮半島危機事情をじっくり解説。
    ・早ければ11月・12月に迫る深刻な危機へ向け、在韓米国人は少しづつ帰国している(日本も準備中?)

    <希望の党の本質 その1>
    ・希望の党は「新党やどかり」とでも名乗った方が良い?
    ・希望の党・政策協定書をチェック!特に見逃してはいけないのが、8項と9項。
    ・音喜多駿、上田玲子両都議が離党、希望の党の実態を暴露した件。
    ・言論統制を行う小池百合子(希望の党)は、北朝鮮ないしは中国共産党と一緒。

    <憲法改正・自衛隊明記へ>
    ・憲法学者は憲法改正に賛成すると言うと学会で村八分にされる実情。
    ・憲法学者はまず自衛隊に入るべき。
    ・「平和」を守るために何ができるか?を左派は論じない。
    ・憲法9条2項における<「前項の目的を達するため」by芦田修正>をどう捉えるか?
    ・自衛のための武力行使は、国民の大部分が認めている。しかし現代の「自衛」とは何を指すのか?現代の日本の国益は、その領土内だけで成り立っているのではない。エネルギー資源などは90%以上海外に依存。
    ・安保法制があってまだ良かったが、自衛隊を認めないと出来ないことがある。

    <希望の党の本質 その2>
    ・希望の党の本質を見極めよ。
    ・小池百合子の実態をメディアはもっと伝えなければならない。
     都政においても実績無く、豊洲に関しては毎月6000万円垂れ流し。
    ・月刊「Hanada」11月号 有本香「都庁職員が落第点を付けた ブラック小池都政」紹介。
    ・民進党の政党助成金はどこへいく?
    ・民進党は立候補者に一律1500万円(前職には2000万円)の活動資金を支給済み。

    <今回の衆院選 最大の争点>
    ・改めて、最大の争点は「憲法改正」(国防・安全保障に関する)である。
    ・憲法改正(9条改正・自衛隊明記)の最大の障壁は「公明党」。
    ・今日本は戦後最大の難関を迎えている、まさに国難。川を渡る途中で馬を乗り換えてはならない。

    ================
    <ご挨拶>
    名称変更のお知らせ。
    まずこの会(動画)の名前を「いわんかな」としました!
    言わんかな!です!
    馴染むまでに時間もかかるかもしれませんが、皆さまどうぞよろしくお願いいたします!

    またチャンネル名を「志記の会」から「林原チャンネル」とさせていただきました。度々の変更、申し訳ございません。
    運営母体を「林原LSI株式会社」さんが引き受けることになったためです。
    この辺りのお話は、また追ってお知らせいたします!

    ==========

    この動画「いわんかな」は、日本の進む道筋=羅針盤(ジャイロスコープ)を示すかのごとく、各々が発信し、意見交換する座談会&勉強会を、そのまま、ありのままに、収録したものです。
    少し前まではわりと豪華なTVスタジオで「やらまいかー真相はこうだ!」をほぼ同じメンバーでお届けしておりましたが、
    これからはテレビ番組というスタイルではなく、あくまで話し合いを録画した映像、ということで、お届けできますと幸いです。
    (司会進行、打ち合わせ、台本、一切ございません)
    見づらいところも多々あるかもしれませんが、内容一番でいけたらと思っています。

    皆様もどうぞ、この話し合いに参加するような形で、ご視聴いただけますと幸いです。(360度のVR映像はそんな体験が可能です!)
    ご意見、ご感想は、コメントやメール、Twitterにてお待ちしております。
    どうぞ応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

    360度VR動画撮影「アローハック合同会社」:
    https://arrowhack.co.jp/

    ================

    「いわんかな」〜日本の国益を考える勉強会〜 第4回 第2部(後半)

    時間:59分
    収録日:2017年10月5日

    出演:(左から順に)
    馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使・元防衛大学校教授)
    日下公人(評論家)
    福島香織(ジャーナリスト・元産経新聞記者)
    塩見和子(日本音楽財団理事長)
    堤堯(元文藝春秋編集長)
    志方俊之(軍事アナリスト・元自衛官)
    髙山正之(ジャーナリスト・元産経新聞記者)
    源真里(東洋運勢学会会長・聖德會会長)


    <スタッフより>
    「いわんかな」〜日本の国益を考える勉強会〜 へのご意見・ご感想、お待ちしております!

    製作・著作:林原チャンネル

    ★林原チャンネル 公式HP★
     http://www.hayashibara-ch.jp

    お問い合わせ・ご感想など:


    チャンネルのお気に入り登録もお忘れなく!
    YouTube 林原チャンネル:
    https://www.youtube.com/c/hayashibara-ch

    公式Twitter:
    https://twitter.com/yaramaika360

    =============================
    浜田マキ子ブログ】
    林原チャンネル社長・浜田マキ子の毎日をレポートしています。
    (iPhoneでSiriを使って文字入力しているアラセブンティー!)
    収録情報も早いですので、ぜひチェックをお願いいたします^^。
    https://plaza.rakuten.co.jp/makikojournal/

    =============================

    【林原LSIのサプリメント】
    好評発売中!良質サプリメント!林原LSIは日本人の健康を応援します!ぜひご注目・ご注文のほどよろしくお願いいたします^^!

    ・公式サイト: http://www.hayashibara-lsi.jp/
    ・公式オンラインショップ:http://shop.hayashibara-lsi.jp/ (定期購入割引、セット販売割引などお得なサービス実施中)
    ・Amazon:https://goo.gl/Qr5rfv
    ・楽天:https://www.rakuten.co.jp/hayashibara-lsi/

    ★特設ページ:「健康の根源は体の内側から!」
    https://shop.hayashibara-lsi.jp/product-buy-form/lp01

    ★林原LSI カスタマーセンター(ご相談・ご注文)
    0120-818-600(ハイハロー!)
  • Source: https://youtu.be/7TGAdW1uT7E
Loading...

Comment

  • hana .1

    hana .1

     a months ago +1

    国難って、トランプのおかげで、チャンスじゃないか。植民地からの脱却のチャンス。ま、これは古い記事だけど。
    中国包囲網、北、韓国自滅。あの、鬼気迫る恐怖は、過ぎた。トランプは救世主。

  • 三善正規

    三善正規

     a years ago +2

    堤先生ありがとうございます!!真実を感じます!!

  • 宇宙地球

    宇宙地球

     2 years ago

    只今大惨事世界核戦争準備中

  • 錯乱坊

    錯乱坊

     2 years ago +4

    交戦権について、「国際的に定義は確立されておらず他国の憲法にも登場しないワードだ」交戦権は日本国憲法で初めて登場した言葉である。交戦権という言葉は、連合国軍総司令部(GHQ)が日本政府に提示した「The right of belligerency」が根拠になっている。しかし、GHQでさえ交戦権の意味を
    理解していなかった。憲法起草の実務責任者だった民政局次長のチャールズ・ケーディス氏は生前、西氏の取材の中で
    「正直、交戦権の意味は分かっていなかった。日本側から『削除しろ』と言われたらそれでも良いと思った」と回答した。政府が求めなかった大罪である。 アメリカ国務長官のケロッグは「自衛戦を禁止するものではない。自衛か否かは各国に決める権利がある。
    自衛の概念は広範で、経済的脅威に対するものまで含められる」という趣旨のことを議会で述べている。ちゃんとした侵略の定義も昭和49年までありませんでした。各国が自衛だと言えば自衛になりますから米国は度々自衛権行使で攻めていっている。シナ朝鮮は一切侵略と言わない。シナは南モンゴル、ウイグル、チベット侵略についてメディアも黙り。朝鮮戦争もしないのに日本が侵略したといい続けている自体日本は血を流さず占領させ、された朝鮮人は無能と言うっているのと等しい。

  • 今せつ

    今せつ

     2 years ago +1

    いつも放送ありがとうございます。先生方の落ち着いた自然な雰囲気が、とても心地よく、すっと頭に入ってきます。今回は、日下先生のお話も聞けて良かったです。

  • elfeel more

    elfeel more

     2 years ago +3

    だめだよ~^^ 小池なんかに構っていちゃー「枝の新党」と対決姿勢で「安倍擁立」すべきでしょうに!先生方も「お花畑ですか?」(失礼ー^^;)

  • やたからす

    やたからす

     2 years ago +5

    レベルの低い話だ❗️ 馬渕先生がかわいそう

  • Kimio Sumitomo

    Kimio Sumitomo

     2 years ago +3

    憲法学者は憲法を良く知っている人でしょうが、目的については勉強する必要が無いし誰の為?とかなんで?という課題には興味を持たなくても学者は学者、第一人者なのでしょう。本に載って勉強してきたことを変えられては面白くなかろう、自称知者に無断で変更されても癪にさわろう。学者馬鹿と昔から言われる通り、その馬鹿の相手にアホがなる。無視するのが一番ですね。