【秋の特別対談】小堀桂一郎氏と語る[桜H30/10/6]

Share
Embed
  • Loading...
  • Published on:  Saturday, October 6, 2018
  • 安倍首相が自民党総裁3選を果たし、引き続き舵取りを担う我が国は、来年の御代替わり、再来年の東京オリンピック、そして、宿願の憲法改正が成るかどうか等、重要な分岐点をこれから次々と迎えることとなる。そんな秋に、保守の重鎮達の洞察と慧眼に満ちた視点をじっくりと伺い、これからの日本人の在り様を探ります。

    ゲスト:小堀桂一郎(東京大学名誉教授)
    聞き手:水島総(日本文化チャンネル桜代表)

    ※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。
    http://www.ch-sakura.jp/579.html

    ◆チャンネル桜公式HP
    http://www.ch-sakura.jp/
  • Source: https://youtu.be/DrkwLAitWEQ
Loading...

Comment

  • tarou okome

     (Oct 6, 2018)

    小堀先生、いつも理路整然としたご説明ありがとうございます!

  • 太田誠

     (Oct 6, 2018)

    小堀先生の皇室及び靖国のお話し目から鱗のお話しばかりでした。貴重なお話しどうもありがとうございます。

  • ヤッホー花*花

     (Oct 7, 2018)

    水島社長のご提案、祈り🤲素晴らしいです。応援致します。

  • 自由自由

     (Oct 6, 2018)

    天皇陛下万歳!靖国神社参拝をお願い致します。

  • Yoshi八幡太郎

     (Oct 7, 2018)

    後世の歴史的評価及び影響を考えれば、なおのこと今上陛下には靖国神社にご親拝して頂きたい。

  • 越後のTORA次郎

     (Oct 6, 2018)

    小堀先生の一連のお話を伺っていて思うのは、事の事実関係がどうこうよりも、その時々の情報が後に既成事実化してしまったら、どんな事を言っても覆す事が困難になってしまうんだなぁ、という事。今こうして小堀先生からその当時のお話を詳細にお聞かせ頂いて、仮に我々国民が目からウロコを落としても、それを更に打ち消そうとする力で反発する人間の存在を消す事にはならない訳ですよね。そうなれば当然、洗脳されて皇室に敵意を持つ人間は自分の思いに沿うような話を信じたまま何も変わらない訳です。そう考えると、何か仕掛けられた時には摩擦を恐れてうやむやにせず、否定するべきは妥協せずに否定しなければ、敵のいいように既成事実を作られてしまって〝後の祭り〟になってしまうのだと痛感させられた思いです。今の安倍政権も、第一次政権の時より、発せられるメッセージが弱々しくなっているように感じます。安倍さんには最後の三年なのですから、是非初心を貫く強い意志をもって第一次政権の時にしょっちゅう口にしていた「美しい日本」という理想国家感を、事あるごとに口にする三年にして欲しいと願います。

  • YUUU A

     (Oct 7, 2018)

    宮司さんの音声を誰が録音してリークしたのか色々な所に変な思想を持った人達が入り込んで居るのだろうか

  • EIGA123DHC

     (Oct 6, 2018)

    トランプ大統領と安倍総理が一緒に靖国神社の参拝できないかな? 昔、ブッシュ元大統領が靖国参拝申し出たが日本側が明治神宮変更したんだけどね!(2002年:小泉首相)

  • S T

     (Oct 9, 2018)

    小堀先生は理路整然として分かりやすく、堅物ではない、好きになった!

  • wxtr6930

     (Oct 7, 2018)

    富田メモに胡散臭ささは感じていましたが、政府側、特に外務省関係者らに、当時の昭和天皇の靖国神社の参拝をやめさせようとする動きがあったとは思いもよりませんでした。そして、その事実を隠蔽するがために、半ば誘導するようにして引き出した言葉か、あるいは全くのでっち上げが「富田メモ」の真相だとする見方は正しいのではないかと思います。そして、これが、元A級戦犯の殉難者を貶め、総理をはじめ、天皇陛下のご親拝までも妨害しているとすれば、いまからでも葬り去らねばなりません。それにしても、このような姑息な手を使って国を貶めるのは平気でも、保身だけは忘れない行動には、小役人根性が透けて見えるようです。なんと醜悪なのでしょう。