「ひとりがたり日下公人」#2 お金と価値の話→糖尿病患者として→奨学金→紫電改・中島飛行機→理想の年収ほか

Share
Embed
  • Loading...
  • Published on:  Sunday, September 23, 2018
  • 「お金2.0」という本が卓上に置かれていますが、お金や価値といったものについてあらためて先生に伺ってみたところ、話は予定外のところへ進んで行きました。これもまた「日下公人のひとりがたり」ということでご容赦いただけますと幸いですm(_ _)m。
    なお先生は少年時代から飛行機が好きなんですよね。米国の爆撃機等も音で判別できたとのことですから^^

    ひとりがたり日下公人 再生リスト・・・https://goo.gl/QvCbUu

    質問はこちらまで・・・info@hayashibara-ch.jp
    =========================
    <目次的な!>
    ・「お金」と「価値」についてのお話
    ・人それぞれの「価値」を見つける
    ・お金は交換価値と使用価値がある
    ・今ここにあるお金の価値
    ・糖尿病(生活習慣病)治療の話
    ・生活習慣を変えてまで生きながらえたくない
    ・医者からはどういうことを言われたか?
    ・病院・医者による対応の違い
    ・元気になったけどやりたいことができない問題
    ・患者にとって、新しく親切なことを本に書く医者がいる
    ・日下先生、息子さんにいわれたこと
    ・糖尿病のように症例が多い病気になる人は幸せか?
    ・Q. 政界・官界・銀行、日本そのものがダメになっているように感じます。日本にまだ良いところは残っていますか?   
    ・政治家やジャーナリストは自分の仕事をしているか?
    ・どちらもお体裁だけの仕事してるから衰退する
    ・政治家の仕事に、政治が存在していない
    ・終戦後第1回総選挙の時、未成年の日下青年がしていたこと
    ・Q.多数派に所属していたほうが幸せになれますか?
    ・公務員試験を受けて思ったこと
    ・マッカーサー(GHQ)がつくった人事院
    ・スティーブ・ジョブズ(Appleの創設者)の話
    ・手から手へ渡さないとお金は生きてこない
    ・奨学金の話
    ・徳川慶喜は部下に冷たかった?
    ・部下に優しい殿様も多くいた
    ・故渡部昇一さんも奨学金をもらって勉強した
    ・Q. お金には「生きたお金」と「死んだお金」がありますか?   
    ・川西清兵衛(1865年 - 1947年)神戸出身 川西航空機を創業
    ・紫電改(しでんかい)川西航空機が製作した戦闘機 海軍に採用された
    ・中島飛行機:中島知久平が創業した飛行機会社(群馬県太田市)
    戦争末期には「隼」「疾風」など戦闘機を量産した
    ・中島知久平(1884年 - 1949年)
    海軍の軍人だったが国産の航空機を作るため中島飛行機(のちのSUBARU)を創業。後に政治家となり国家のための飛行機製作を実現
    ・B29を上回る大型爆撃機「富嶽」も作り米本土爆撃の計画もあった
    ・Q. 一般庶民は 日々どうお金を使えば良いのでしょうか?
    ・儲かる仕事は断って立派な仕事をする
    ・Q. 年収800万円を超える家族は不幸になる?
    ・理由は家族が喧嘩するから
    ・年収350万円以内を守る北海道の人の話



    ◉「ひとりがたり 日下公人」#2
    収録:2018年8月27日 時間:27分

    「ひとりがたり 日下公人」再生リスト:https://goo.gl/QvCbUu


    ご意見・ご感想、お待ちしております!コメントもご遠慮なく!
    メール:info@hayashibara-ch.jp
    Twittter:https://twitter.com/yaramaika360

    チャンネルのお気に入り登録もお忘れなくー!
    YouTube 林原チャンネル:
    https://www.thclips.net/user/hayashibara-ch

    ・・・日下先生が出演する他の番組・・・
    「いわんかな」一覧:https://goo.gl/EiTrA9

    ★林原チャンネル 公式HP★
     http://www.hayashibara-ch.jp


    【林原LSIのサプリメント】
    いよいよ発売開始!林原LSIは日本人の健康長寿を応援します!ぜひ応援をよろしくお願いいたします!

    ・公式サイト: http://www.hayashibara-lsi.jp/
    ・公式オンラインショップ:http://shop.hayashibara-lsi.jp/ (定期購入割引、セット販売割引などお得なサービス実施中)
    ・Amazon:https://goo.gl/Qr5rfv
    ・楽天:https://www.rakuten.co.jp/hayashibara...
    ★特設ページ:「健康の根源は体の内側から!」
    https://shop.hayashibara-lsi.jp/produ...
  • Source: https://youtu.be/FCGCzNlB-Ng
Loading...

Comment

  • Catherine Moore

    Catherine Moore

     3 days ago

    けっきょくお金への執着がすごい人ネ

  • Catherine Moore

    Catherine Moore

     3 days ago

    えびすよしかず?

  • 甲賀芳朗

    甲賀芳朗

     6 days ago +1

    渡部昇一・小室直樹先生、そして日下公人先生という三賢人として
    1980年代に知りました、それ以来ですね
    旭川の方、年収350万以上、儲けないという話し、いいですね。

  • Michael Anne

    Michael Anne

     9 days ago +2

    林原さん、日下先生、ありがとうございます!!動画作って頂いて、本当に嬉しいです。

  • ヤマシヨ

    ヤマシヨ

     16 days ago +2

    失礼かもしれないが、
    話のツボや間がケーシー高峰さんに通づる達人の域。

  • Siki Amai

    Siki Amai

     17 days ago +1

    人事院を消毒しなければならないですね。
    高級官僚だけではなく、いまや地方自治体の地方役人までほとんどカルト教団の狂信者のように支那赤やネオコン赤の言いなり、
    侵略のいいなりになる傾向が強いです。
    それは意図的にその人材で行政を固めているのであり、本質的に敗戦を機に日本が陥落していることを示しているのでしょうけれど、
    ほとんど機能不全のように思えるほど行政も酷いです。
    民主党政権下の頃に、支那からの渡航ビザ緩和に対する意見募集があり、その時外務省の役人とお話しましたが、
    彼らの姿勢の愚劣さ水準の低さには心底驚きましたし非常に寒気がしました。
    これは赤や戦勝国側の金融財閥資本信者の体であり、酷い言い方をすれば洗脳された信者というべき犬そのものです。
    日本国民のことなど毛ほども考えてない連中がいることは事実です。
    全部ではないのでしょうけれど、実質外国のための省庁になってしまっているように思います。
    外務省だけではないです、
    法務省も中の人間と話をしなくとも、外部から見ただけで日本国民なんかどうでもよいと思っているのが丸わかりなほど腐れています。
    日本の機関というよりは、グローバリズムだの赤だの、国が国としての個を保つ必要が無いと考えている連中のための、
    一部の権力者に欺かれ目先の利や富を追い求めるだけの下賤で愚鈍な人間ばかりが及第しているのではないでしょうか。
    国家公務員試験というのは馬鹿でも勉強さえできれば受かるのだと思えてならない。

  • ゴリラ ゴリラ

    ゴリラ ゴリラ

     19 days ago +2

    日下先生は天才。

  • 青井日子

    青井日子

     20 days ago +3

    今回も大変勉強になりました。
    先生の人についてのお話がとても面白かったです。
    人間の深みについて聞くと、自然と肯定的な気持ちになり、日々が楽になる気がします。
    あと何度か聞いてしっかり理解してから、子供に話して聞かせます^^
    出演料の代わりに日下先生を感心させるような番組を作れとは。。。(驚)
    一番大変だと思いますが、期待しています!!

  • 久保行義

    久保行義

     21 days ago

    お金は交換価値と使用価値と理解している。
    ここにお金の価値が問われている。
    交換価値とは関係における価値である。
    関係により重要度が異なる。
    釈迦の理解は関係を悲しみとして、慈しみで解放する。
    解放の意味は重要度を等しくするという意味である。
    ハンドバッグの100万円に巧緻な技術がある。ハンドバッグの1800円は稚拙な技術商品である。
    この価値は相手への慈しみにより等価となる。
    その差は思索(慈)の問題である。
    使用価値とは行為における価値である。
    行為により目的が異なる。
    目的が異なるの意味は一神教と多神教である。
    行為の最高理念は正義である。
    正義の古義は神への捧げものを、かかげ持ち、神の前へ一歩出る行為である。
    一神教の神は、一つの価値感しかない。
    カインとアベルが証明する。
    牧畜をするアベルは羊を奉げ、農業をするカインは大根、白菜等の野菜と穀物を奉げた。
    一神教の神は、アベルを受け入れ、カインを拒絶した。
    そして、カインはアベルを殺した。
    これがもし、多神教の神様であれば、羊の肉が好きでもカインの野菜穀物を受け入れたであろう。
    西洋と日本の価値感は慈悲と愛を共有するが、日本人の希少性は、多神教における正義である。
    それは、使用価値における神様が多様な価値を認めてくれるところを拠り所とする。
    これが日本人の希少性である。

  • 日本時計

    日本時計

     23 days ago +13

    スケールの大きな人ですね。凡人には及ぶことが出来ないほどの知識と常識を兼ね備えています。後進への考え方の指針として、こういう機会を作った人達にも感謝します。

  • Hikima workshop

    Hikima workshop

     24 days ago

    チャンネル桜で安倍ネトウヨ誘導やったのは何故でしょうか? 穏やかな語り口に騙された人が多いと思います。

  • 毘沙門天翼

    毘沙門天翼

     24 days ago +1

    血糖値を急上昇させないことが、糖尿病対策の肝心な部分ですね。
    ■玄米飯がお勧めです。糖質の消化吸収が穏やかで、血糖値が上昇しにくいです。
    ビタミンEもBも採れるのに、食べにくいと言う難点がありました。この難点を克服したのが「ロウカット玄米」玄米表面の固い部分(約1%程)を削った玄米。
    ■ロウカット玄米が手に入らなければ、家庭用精米機でも作れます。
    玄米の精米度を『1分(ブ)づき』にするだけ。表面のロウ層が取り除けて、吸水性が抜群に良くなり、ご飯も柔らかく炊き上がります。かくはん式の家庭用精米機を使い、『3分づき』をする場合の半分の時間(30秒程)で止めればOK!!
    ■食べやすくする為には、コツがあります。
    玄米には、若干モミが混じっています。混ざっている数粒のモミを、精米する前に予め取り除いておくと、後が楽です。また、炊飯器に入れる水の量を少し多めにする事と、炊く前の浸水時間を1時間以上とるのもコツです。水の量は白米を炊く場合の量を先ず入れ、入れた米の量の4分の1の水(米4合なら水1合)を足すと、大体良くなります。お好みで、水を加減してください。
    ■益々お元気になられて御活躍されますよう、祈念致します。

  • YUKO SUZUKI

    YUKO SUZUKI

     24 days ago +11

    何事も足るを知る生き方したいです。相棒猫🐱に置いてかれ、独りぼっちだが、気楽に死ねると友人に言ったら、いいね!と彼女が笑った。有り難う御座いました。日下先生も、お元気そうで良かった!

  • 幸弘亀山

    幸弘亀山

     24 days ago +6

    お金の話はいまいちよく判んないけど、まぁお金沢山あってもしゃーないなとは思う

  • 菅野雄平

    菅野雄平

     24 days ago +11

    私にとっては日下先生は将来かくありたいと思う方です。
    ゆっくりとした一言一言全てに含蓄があり、あっという間の約30分でした。
    先生のお言葉を頭の中で咀嚼して、日々の生活に役立てたく存じます。

  • Jou Matsumoto

    Jou Matsumoto

     24 days ago +4

    質問が字幕ですが 肉声がいいと思うのですが如何でしょう?

  • 越後のTORA次郎

    越後のTORA次郎

     24 days ago +11

    50過ぎの私が聞いても深過ぎて中々頭が整理付かない含蓄。
    人間力というものの真髄を語ってくださっているのでしょうが、まだまだそこの理解に至るまでは人間修行が足りないようです。
    お金の価値について、ひとつ自分なりの理解を得たとすれば、こういう話を聞くために払うお金は額に関係なく〝生きた金〟なんだろうなという事ですね。
    もっとも、日下先生いわく、それすらも金を出す人によるのでしょうけれど(笑)
    金って本当に無きゃ無いで喧嘩になるし、あればあったで喧嘩になる物凄く厄介なものなのに、人が生きる以上絶対に逃れる事が出来ないものですよね。
    詰まるところ、足る事を悟る事が人が上手に生きるコツなんでしょうね。
    そして他人をひがむなやっかむなという事。
    日下先生を見ていると、そういうものから解脱した仙人のように見えてしまいます。

  • 山田博次

    山田博次

     24 days ago +21

    日下部先生いつでもお元気でおもしろい話を聞かせて下さい