【武田邦彦】今までの常識を根底から覆す『恐るべき日本の真実』に気づいてしまった…

Share
Embed
  • Loading...
  • Published on:  Saturday, October 6, 2018
  • チャンネル登録はこちらをクリック↓
    https://goo.gl/ycC8bG
  • Source: https://youtu.be/bBBhJ-nbUpo
Loading...

Comment

  • piro mon

     (Oct 6, 2018)

    判って居ない人達の為に情報を発信し続ける事はとても価値のある事だと感じます。先生には懲りずに続けて色んな角度の考え方を発信してほしいと思います。

  • Haruo Ume

     (Oct 15, 2018)

    藤本たかひろ おそ

  • Masanori Hori

     (Oct 7, 2018)

    東京裁判後は白人の秩序に従えという思想だということです。日本人の思想は和をもって尊しとなすでいいんじゃないんですか。

  • 夢見心地

     (Oct 6, 2018)

    私の、恩師が「クラウゼヴィッツの戦争論」を、プレゼントしてくれた。私に取って読みにくい本でしたが、これによると徹底的に粉々になる迄打ちのめす!これが戦争。恩師と話したか日本は、天皇以外は何も無いくらい、打ちのめされた。と言っていた。敗戦以来メディアや、教育を駆使し徹底されたと私も思う。

  • 渡辺尚文

     (Oct 15, 2018)

    夢見心地 njCv

  • 漫FF子太郎

     (Oct 7, 2018)

    どうであれ、多数である貧乏人、一般のおっさん、おばさんが、ある程度勉強し、義務教育に頼りきることなく、親が子供にそれなりに、しっかり考え方を伝えないと、自分の国の歴史感も全然ない、馬鹿ばかりになってしまう。頭のいい人と対等になれるのは、筋の通る話をできるかどうかだと思います。でなければ、知らないうちに奴隷にされると思う。

  • yoshi kubo

     (Oct 7, 2018)

    負けたので、”戦争=ひどい目に合う” の平和思考では、とりあえず戦争ができない国らしいが、それでも戦争は起こります。本当の平和主義の国を目指すのなら”戦争大好きで上手で強いので戦争を仕掛けてこられない国”でありその基盤があっても絶対に戦争をしない国です。、、さて私たち日本人の今の知性で可能だろうか? 平和で国民を守れるなら警察も要らないよ。

  • yoshi kubo

     (Oct 24, 2018)

    戦前の教育を受けた方が戦争を選んだことに批判はしませんが戦後の教育を選んだのも戦前の教育を受けた方なのではありませんか?東京裁判で終止符が打たれなかった場合日本がもっと良い方向に進んでいたようにも思われません。又、日本とドイツが勝っていれば今よりも良い世界だったとも思えません。何が良い世界なのかの学習をしてないので申し訳ございません。

  • 志津三郎

     (Oct 20, 2018)

    武田邦彦さんと同じ、終戦前に生まれ、終戦後に日教組の先生方に義務教育を受けた者は武田邦彦さんの言われていることがなかなかご理解出来ずにいる人が多いように思われます。ましてお終戦後生まれの若い世代の方々にこの事をご理解していただきたいと常々思っております。

  • macs Y

     (Oct 7, 2018)

    戦争を経験した私の両親の話では、日本を大きく変えたのは空襲と原爆だということです。度重なる毎夜の空襲、機銃掃射、庶民は何も抵抗できず防空壕に籠って震えるだけ。命が助かったとしても焼夷弾で家が焼かれる、食料が乏しくなる、、。国民は散々な目に会いました。家族や親族や親しい人たちが戦死して遺骨も何も帰ってこない。東京裁判の時には庶民はもう抗う力はありませんでした。ただ、戦争が終わった、日本はもう戦争をしない。という現実が嬉しかったと言います。それらの気持ちはもう理屈ではないと想像します。政治や思想などは、食べることができて、生きることができる確信がなければ、二の次だと。結局、そういうことです。現代人が思うことはその時の切実な庶民の状況から少し離れていると思います。

  • re fine

     (Oct 19, 2018)

    日本から戦争を初めて負けたのだから仕方がない、本当なら戦争に負けた日本はアメリカに半分くらいの領土が取られても仕方がないでしょう。ロシアは戦わずにして北方四島が占領されてしまいました。日本の戦国時代では領地は仕上げらました。☆日本がアメリカ領土になっていれば英語が公用語になってします。

  • 日野裕介

     (Oct 8, 2018)

    macs Y ん

  • 平壌生まれのドラゴンスレイヤー

     (Oct 7, 2018)

    それに気がついた日本人は皆自殺し海外に移住する、悲しい事ですね。「アーミテージ氏等の人が日本を統治し変えようとしても日本人は受け入れない、それは東京裁判から始まった防衛意識。」武田先生の話は為になりますね。

  • ヘンドリックス地味

     (Oct 7, 2018)

    日本人の常識は世界の非常識。この言葉は謙遜、協調、滅私奉公、これらの精神にあてはまるとおもいます。謙遜することが美徳と考えている国はせかいには無いのでしょう。ひょっとしたら、人類の祖先は日本人なのかもしれませんね。

  • Tsutomu Takahashi

     (Oct 6, 2018)

    東京裁判が自虐史観の原点であることは、確かにおっしゃる通りと思います。ただ、それを受け入れる下地が日本にあったから、自虐史観が深く根付いたとも言えます。日本では、凶悪犯も射殺されず生け捕りにされるように、相手が誰でも殺傷を嫌います。どんな理由があっても殺傷(戦争)に罪悪感を抱く心持ちのため、自虐史観を受け入れるのではないでしょうか。こうした日本の心を大事にしながらも、自虐史観は乗り越えたいものです。

  • Morino Nui

     (Oct 7, 2018)

    エドガートン・ハーバート・ノーマンを調べてみるといいかもです。日本生まれ、日本育ちのカナダ人です。戦争が始まる直前に日本を脱出しています。戦後 GHQの一員として日本に戻ってきており、昭和天皇とマッカーサーとの会談に通訳として同席しています。大陸に残された日本兵はロシア軍により拉致され、その後旅順収容所に入れられ洗脳をほどこされ、日本に放たれました。WGIPにも関わっていたとされる人物です。

  • Mitsuaki Kaneko

     (Oct 6, 2018)

    先祖代々脈々と受け継がれてきた日本人のマインドは、そう簡単には変えられないと思う。キリスト教に殉ずる西洋人のマインドは矛盾だらけだし、少しばかり公立の初等教育ですり込んだくらいではコンプレックスを抱いた一部のアスペや落ちこぼれを除けば大方の国民は圧倒的に日本古来のマインドに戻る傾向にあると思う。現実に、片側に振れ過ぎた振り子は修正される傾向にあるのが現在なのではないか。確かに日教組のような閉鎖的な教育機関には未だに東京裁判の色合いが強く残っているとは思う。

  • よに よに

     (Oct 8, 2018)

    私が勉強不足かもしれませんが、儒教、仏教の精神は完全に廃れているように思えます。現代人には世間という概念が存在してないようにも見えますし

  • Mitsuaki Kaneko

     (Oct 7, 2018)

    簡単に言えば儒教や仏教の良い所を日本的に吸収して教育勅語に繋がるマインドかな。