【武田邦彦】今までの常識を根底から覆す『恐るべき日本の真実』に気づいてしまった…

Share
Embed
  • Loading...
  • Published on:  Saturday, October 6, 2018
  • チャンネル登録はこちらをクリック↓
    https://goo.gl/ycC8bG
  • Source: https://youtu.be/bBBhJ-nbUpo
Loading...

Comment

  • kohsun

    kohsun

     22 hours ago

    日本人の思想、哲学は仏教徒によって創られた。
    これを知らない連中は、日本に哲学はないとか独創がないとか言う。
    欧米人の価値観、文脈でしかも彼らの言葉で語る連中が一番偉いと錯覚させた。
    これが洗脳。
    GHQの最大の目的は、日本人を自信喪失へ落とし込むこと。
    今でも続いている。
    そうすれば、研究開発、企業経営、社会生活、家庭生活などこれらを法的、
    精神的に支配出来る。
    例えば、○○ハラと騒いで公序良俗、秩序の破壊。
    金だけが全てというおぞましい洗脳。
    後は、奴隷生活。

  • なんだかな

    なんだかな

     2 days ago

    東京裁判はアメリカのリンチによる洗脳工作の始まりでしょう!東京裁判がWGIPの始まりだったのだろう!50代の私も最近まで騙されてたからね!

  • TSU FUJI

    TSU FUJI

     3 days ago

    戦後生まれの人は、挙国一致の戦時体制をファシズムと勘違いして居るんですね。ナチスドイツの様な、平時の軍事独裁をファッショと言うんですよ。日本の平時は、昭和7年の第一次上海事変前までです。それでも日本の陸軍士官学校では、昭和8.9年に、赤とファッショは悪の2大巨頭と教えています。既に挙国一致の軍事態勢が必要な時に、政治家は悠長に構えていたので、軍部は仕掛けてきたんですね。226以後、政治は軍主導となりますが、それでもファッショではないですよ。何故なら、もう平時ではないですからね。直ぐに第二次上海事変という決定的な侵略を、日本国は受けたのですから。国家が侵略を受け、興亡紙一重の挙国一致の戦闘状態に突入すれば、当然軍主導となり、ファッショとの見分けは付かなくなります。詰まり、平時がどうで、平時に戻った時にどうかによって、ファシズムか否かは判断されるべき物です。日本国にファシズムであった過去は、ありません。

  • ちこたんまん

    ちこたんまん

     3 days ago

    「日本人は自分で考えることができない」「日本人の戦後平和思想はアメリカが作った」
    同感です。
    http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1064379051.html

  • sirius7999

    sirius7999

     4 days ago

    日本人がとても素晴らしい精神文化を持ってたのにそれを白人に強制的に変えられたってのは違うと思うけどね。武田さんは慰安婦とか自虐的な歴史観についてだけ言ってるのかもしれないけど、白人の文化に憧れて自分たちで取り入れてきたんだよ。そもそも古き良き日本人の思想は男尊女卑だから女性は認めないよね。

  • sss

    sss

     6 days ago

    こんなにお年寄りでも、アメリカに侵略されていることに気付いていなかったというのは、アメリカの洗脳の強さを物語る。

  • sss

    sss

     6 days ago

    戦争を起こしておきながら、戦後アメリカのスパイとして首相になった岸信介は安倍晋三の祖父という事実も考えて欲しい。

  • sss

    sss

     6 days ago

    日本人は自らの思想を作る事が出来ないのではなく、思想のある人や考えを持つ人をアメリカが潰しているだけ。しかも子供のうちから。そこまで考えて欲しかった。

  • 太郎無敵

    太郎無敵

     7 days ago

    武田先生は、科学者の目で正しい分析をしている。
    丸山マサオの全集は全巻読んでみたがムカムカするだけだ。エリートを洗脳する宗教体系である。つまり論外の国賊である。
    東大の法学部は日本の癌であり恥である。
    たとえば、横田喜三郎などは、曲学亜世である。横田の戦前と戦後の論文を読み比べて見よ!同じ人物がこれほど、まっ逆さまなことが主張できるものかと驚かされる!
    一方、ヒトラーのように批判されている東条英機などは、本当立派な国士だ。
    戦争回避のために尽力しつつも失敗し開戦となり、終戦では全くなにも罪はないのに戦争責任を一身に背負って死刑台の露ときえた!日本と日本人の罪を背負い潔く死刑となった姿は、まるでキリストである。我々は、この民族の恩人を畏敬崇拝するためのために国会議事堂まえに200メートルくらいの銅像をたて、その偉業を忘れないようにしなくてはなるまい。それが、平和を守り戦争をしない決意の証である。

  • neconotabasa

    neconotabasa

     8 days ago +1

    やっと真面な評価のできる人が現れた。

  • 昭和遙

    昭和遙

     8 days ago

    ただ昔は黄禍に怯えて、日本解体を先ずは戦力放棄させることから始めたアメリカをうまく利用して、経済再建に注力した賢い政治家もいた訳だが、今の政権にとてもじゃないが、そんな知恵は望めない。

  • 昭和遙

    昭和遙

     8 days ago

    武田先生ともあろう方が、今になって気が付いたのですか?WGIP、プレスコード、神道指令、財閥解体、公職追放などなど、日本解体計画の成れの果てが今の日本。そのアメリカ様に跪くしかないと思っているのが、戦後レジューム。安倍晋三は脱却と補強の意味を間違って使ってしまった訳だ!

  • q u

    q u

     9 days ago

    私は、子供の頃から学校で学ぶ内容(特に歴史)に違和感を持っていた、思想の自由がない。型にはめられ窮屈だ!そう感じていた。調べていくうち自分の疑問が解けた。だから、窮屈だと感じていた社会を今、変えるべき時にきていると思いチマチマ頑張っているが一人の力はなんとちっぽけかと情けなくもなる。

  • SINZAEMON1000

    SINZAEMON1000

     9 days ago +3

    東京裁判で日本の思想ができたのではありません。独立を餌にアメリカから言われて、東京裁判や侵略を認めたから日本の思想ができたのです。沢山の日本人が抵抗したが占領政策よりましだと思い認めた政府があったからです。その内容は憲法に刻まれている。つまり戦争に負けたから誇りを踏みにじられて嘘の侵略者にさせられたのです。無実なのに罪を着せられて処刑されるようなものです。真実の歴史を取り戻すには相当かかるだろう。それは戦争に負けたのも日本人に悪人が多くいたからです。現状でも日本人に悪人が多くいるから真実の歴史を取り戻せないのです。

  • 市川道教

    市川道教

     9 days ago

    先生の話はとても面白い。僕自身、方針を決める力は乏しい。考えられないというより、いろいろ迷ってしまうから。それが本当に欠点なのかは良くわからない。それで救われたこともある。歴史的にも日常的に襲撃に備えていた西洋人の決断力には敵わないかも知れないが、じっくりやれば負けはしないようにも思う。先生のご指摘どおり、東京裁判史観は我々から歴史と自信を奪ったかも知れないが、その後にも技術と経済で追い越した時期もある。それが新たな脅威となって、それを支える日本人の精神を崩そうとしているのが新自由主義と称するグローバル全体主義の波だろう。日本人らしさを見失うことなく、粘って勝利したいものだ。

  • ヤマさん

    ヤマさん

     9 days ago

    当用漢字から常用漢字さえ、戦後を引きずり文化が失われています。

  • Kumas pecol

    Kumas pecol

     9 days ago +1

    先生の言う通りですね!応援しております♪

  • Y S

    Y S

     9 days ago +1

    先生その通りだ!ありがとう!

  • 歌いたい難病でも

    歌いたい難病でも

     9 days ago +1

    戦争に導いたのはアメリカです。
    ハワイには日本が攻める前にビデオカメラがセットしてあったそうです。

  • 空気が読めない。

    空気が読めない。

     9 days ago

    仕様がないじゃ~あ~りませんか。これが戦争に負けたって事ですよ。ケンカに負けたら哀れなもんっすよ。今までの伝統や思想は否定されるんだから。アメリカ傀儡党が出来て日本を支配してアメリカの思想を取り入れて戦後教育をする。GHQの後を引き継いでるんだから。昔の人が戦争をして国を滅ぼしたんだから仕方ない。戦後の人たちが苦労をしなければならない。周りの国からいわれなきの事を言われイジメられる。昔の人のせいで今の人は苦労をしているんですよ。ま~高卒が東大出の博士にこう言う出しゃばったことを言うのは憚れますが。