【武田邦彦】今までの常識を根底から覆す『恐るべき日本の真実』に気づいてしまった…

Share
Embed
  • Loading...
  • Published on:  Saturday, October 6, 2018
  • チャンネル登録はこちらをクリック↓https://goo.gl/ycC8bG
  • Source: https://youtu.be/bBBhJ-nbUpo
Loading...

Comment

  • Masanori Hori

     8 months ago

    東京裁判後は白人の秩序に従えという思想だということです。日本人の思想は和をもって尊しとなすでいいんじゃないんですか。

  • piro mon

     8 months ago

    判って居ない人達の為に情報を発信し続ける事はとても価値のある事だと感じます。先生には懲りずに続けて色んな角度の考え方を発信してほしいと思います。

  • Haruo Ume

     8 months ago

    藤本たかひろ おそ

  • 漫FF子太郎

     8 months ago

    どうであれ、多数である貧乏人、一般のおっさん、おばさんが、ある程度勉強し、義務教育に頼りきることなく、親が子供にそれなりに、しっかり考え方を伝えないと、自分の国の歴史感も全然ない、馬鹿ばかりになってしまう。頭のいい人と対等になれるのは、筋の通る話をできるかどうかだと思います。でなければ、知らないうちに奴隷にされると思う。

  • ヘンドリックス地味

     8 months ago

    日本人の常識は世界の非常識。この言葉は謙遜、協調、滅私奉公、これらの精神にあてはまるとおもいます。謙遜することが美徳と考えている国はせかいには無いのでしょう。ひょっとしたら、人類の祖先は日本人なのかもしれませんね。

  • Kumas pecol

     8 months ago

    先生の言う通りですね!応援しております♪

  • 夢見心地

     8 months ago

    私の、恩師が「クラウゼヴィッツの戦争論」を、プレゼントしてくれた。私に取って読みにくい本でしたが、これによると徹底的に粉々になる迄打ちのめす!これが戦争。恩師と話したか日本は、天皇以外は何も無いくらい、打ちのめされた。と言っていた。敗戦以来メディアや、教育を駆使し徹底されたと私も思う。

  • 渡辺尚文

     8 months ago

    夢見心地 njCv

  • yoshi kubo

     8 months ago

    負けたので、”戦争=ひどい目に合う” の平和思考では、とりあえず戦争ができない国らしいが、それでも戦争は起こります。本当の平和主義の国を目指すのなら”戦争大好きで上手で強いので戦争を仕掛けてこられない国”でありその基盤があっても絶対に戦争をしない国です。、、さて私たち日本人の今の知性で可能だろうか? 平和で国民を守れるなら警察も要らないよ。

  • yoshi kubo

     7 months ago

    戦前の教育を受けた方が戦争を選んだことに批判はしませんが戦後の教育を選んだのも戦前の教育を受けた方なのではありませんか?東京裁判で終止符が打たれなかった場合日本がもっと良い方向に進んでいたようにも思われません。又、日本とドイツが勝っていれば今よりも良い世界だったとも思えません。何が良い世界なのかの学習をしてないので申し訳ございません。

  • 志津三郎

     8 months ago

    武田邦彦さんと同じ、終戦前に生まれ、終戦後に日教組の先生方に義務教育を受けた者は武田邦彦さんの言われていることがなかなかご理解出来ずにいる人が多いように思われます。ましてお終戦後生まれの若い世代の方々にこの事をご理解していただきたいと常々思っております。

  • SG L

     8 months ago

    先生その通りだ!ありがとう!

  • sss

     8 months ago

    こんなにお年寄りでも、アメリカに侵略されていることに気付いていなかったというのは、アメリカの洗脳の強さを物語る。

  • GorillaBKK

     8 months ago

    思想、哲学は人が生きていくための道具に過ぎない。最初から思想、哲学が存在するのではないと思っている。