「ひとりがたり馬渕睦夫」#7 ディープステートの原点を探る

Share
Embed
  • Loading...
  • Published on:  Monday, October 22, 2018
  • ディープステートの本質を理解するには、100年の歴史を遡る必要があった!1912年ウィルソン大統領の時代に起こった出来事を紐解きます。そして、アメリカ最高裁判事の真実・・・!

    この番組で皆さんと共有したいことは「今の世界がどのような仕組みになっているのか」ということ。事の本質の理解の一助になれば幸いです。私たちの距離は確実に縮まっていると思います。


    ★「ひとりがたり 馬渕睦夫」再生リスト・・・https://bit.ly/2NatIQL
    ★ご質問・ご感想はこちらまで・・・
    =========================
    <目次的な!>
    ・ブレット・カバノー最高裁判事就任の問題からディープ・ステートという問題を探る
    ・ブレット・カバノー(1965年 - )
     米連邦最高裁判所判事 性的暴行疑惑が起こり野党から糾弾されたが「賛成50 反対48」の賛成多数で承認され就任 なお最高裁判事の任期は終身である
    ・Will11月号 馬渕睦夫『地球見聞録』「トランプ降ろしの背後勢力ディープ・ステート」もお目通しください
    ・ディープステートとは「アメリカの真の支配者」のこと
    ・ディープステートの原点を探る
    ・時事問題の背景は、歴史問題を理解する必要あり
    ・アメリカ建国の精神・国体は、100年前(1912年)より変わってしまっている
    ・1912年の米国
    <ウィルソン大統領就任の舞台裏に仕掛けあり>
    ・ウッドロウ・ウィルソン(1856年 - 1924年)
     第28代米大統領(任期1913年 - 1921年)
     第一次大戦終結(十四か条の平和原則)と国連創設に尽力しノーベル平和賞受賞・民主党
    ・パリ講和会議(ヴェルサイユ会議・1919年)
     第一次大戦の講和会議のほか 国連創設へ向けた新体制構築へ向けて協議
     日本は「人種的差別撤廃提案」を提案 11対5で賛成多数にもかかわらず 英米が強引に潰した
    ・ウィリアム・タフト 第27代米大統領(1909年 - 1913年)
    <サミュエル・ウンターマイヤーがウィルソン大統領を恫喝取引し、
    ルイス・ブランダイスを最高裁判事に任命させた>
    ・サミュエル・ウンターマイヤー(1858年~1940年)
     弁護士・法律家 米国財務省顧問を務める
     米国ユダヤ人委員会委員長・米国ユダヤ人愛国者連盟会長など歴任
     (Samuel Untermeyer ※アンターマイアーとも表記される)
    ・ルイス・ブランダイス(1856年 - 1941年)
     弁護士・法律家 ユダヤ系最初の米国最高裁判所陪席判事
     パレスチナにユダヤ国家を作る運動の先導者でもあった
    ・第一次世界大戦(1914年〜1917年11月11日)
     アメリカの参戦は1917年4月 敗戦国はドイツ、オーストリア=ハンガリー、オスマン帝国、ブルガリアなど
    ・“イギリスが、パレスチナにユダヤ国家をつくることに同意すれば
    アメリカは参戦する”というブランダイスらの米ユダヤ勢力の条件
    ・バルフォア宣言(1917年11月2日)
    第一次大戦終了直前に英バルフォア外相から英ロスチャイルド卿(ユダヤ系貴族院議員)に送られた書簡 英政府の政シオニズム支持表明が記される
    ・現在の米最高裁判事の9名の人事は保守系5、リベラル系4で成立しているが、リベラル勢のうちユダヤ系は3人もいる
    ・リベラルとはユダヤ思想のこと、ディープステートのバックグラウンドである
    ・米ユダヤ系は、少数派(マイノリティ)なのに力がある理由とは?


    ◉「ひとりがたり」馬渕睦夫 #7
    収録:2018年10月10日 時間:32分

    「ひとりがたり 馬渕睦夫」再生リスト:https://bit.ly/2NatIQL


    ご意見・ご感想、お待ちしております!コメントもご遠慮なく!

    製作・著作:林原チャンネル

    ★林原チャンネル 公式HP★
     http://www.hayashibara-ch.jp

    お問い合わせ・ご感想など:


    チャンネルのお気に入り登録もお忘れなく!
    YouTube 林原チャンネル:
    https://www.thclips.net/user/hayashibara-ch

    公式Twitter:
    https://twitter.com/yaramaika360

    =============================
    【浜田マキ子ブログ】
    林原チャンネル社長・浜田マキ子の毎日をレポートしています。
    (iPhoneでSiriを使って文字入力しているアラセブンティー!)
    収録情報も早いですので、ぜひチェックをお願いいたします^^。
    https://plaza.rakuten.co.jp/makikojou...

    =============================

    【林原LSIのサプリメント】
    好評発売中!良質サプリメント!林原LSIは日本人の健康を応援します!ぜひご注目・ご注文のほどよろしくお願いいたします^^!

    ・公式サイト: http://www.hayashibara-lsi.jp/
    ・公式オンラインショップ:http://shop.hayashibara-lsi.jp/ (定期購入割引、セット販売割引などお得なサービス実施中)
    ・Amazon:https://goo.gl/Qr5rfv
    ・楽天:https://www.rakuten.co.jp/hayashibara...

    ★特設ページ:「健康の根源は体の内側から!」
    https://shop.hayashibara-lsi.jp/produ...

    ★林原LSI カスタマーセンター(ご相談・ご注文)
    0120-818-600(ハイハロー!)
  • Source: https://youtu.be/xxC2giu1bjk
Loading...

Comment

  • 房ノ助

    房ノ助

     11 days ago +1

    ユダヤ人は公正さを尊ぶ民族であると思うが、例えば、日本国最高裁判事9名の内に3名が華僑系だったら、その脅威は容易に理解出来ると考える。

  • 68ootani

    68ootani

     16 days ago +1

    トランプの出現は幾らか金融資本の力に幾らかの穴が出来たのかな?金融を握るものが支配者に成るのは、何時の時代でも同じですね。アメリカのフリーメーソンが独立戦争を起こし、植民地宗主国のイギリスからの脱却をした。此処にも金融シティの力が加わっていた。すでにナポレオン戦争の頃からイギリスは金融ユダヤ資本の占領下に在ったと云っても過言では無い。第二次大戦のUSA大統領FDRはオランダ系ユダヤ人ですが、チャーチルも四分の一はユダヤ人なのです。USAでは最近、最高裁判事の任命の事で揉めましたが、これは死なない限り判事を続ける事が出来ますので、その判決同様に大きな力を持ちます。Rブランダイスですか。そう、マサチューセッツ州ボストンにはブランダイス大學という私立のユダヤ系大學が在りますが、この判事を記念した大學なのでしょう。

  • ISUKE KASE の セカイジョウセイ ch

    ISUKE KASE の セカイジョウセイ ch

     16 days ago +1

    素晴らしいです、、聴き入ってしまいました|д゚)

  • jana bocchi

    jana bocchi

     19 days ago +1

    「ディープステート」とは、「闇の支配集団」でいいのでは・・・

  • 金子太郎

    金子太郎

     1 months ago +1

    FRBを作ったいきさつが抜けているように思いますが、ユダヤ一味がウィルソンに強要したのでしょうか?

  • sardine9570

    sardine9570

     1 months ago +1

    世界の真の支配者、ディープステートの呼び名はブラックハウスでどうでしょうか。
    「旭日の艦隊」という作品でアメリカ大統領を支配したり暗殺したり、やりたい放題でした。作品では大統領は命令されるまま歯向かえず、日本との戦争を続けさせられていました。

  • エイショウ

    エイショウ

     1 months ago +1

    日本のマスコミは共産主義者達に乗っ取られている。
    戦後、GHQに共産主義者達が解放された。ただの泥棒でさえ、1度だけ誘われて学習会に参加した事があると調書にあれば釈放されたそうだ。その共産主義者達がメーデーなど労働運動を率いた。この左翼運動の流れが、60年安保、70年安保の学生運動に続いて行く。各大学を率いた、元気のいい学生運動の活動家達だが、就職活動では企業から危険思想とあまりの過激さゆえ嫌われ門前払いを食う。この時、門が開いていたのが「マスコミ」と「公務員」だけだった。メディアの左偏向はこれが原因だ。官僚、都道府県の役人、教師など、公務員に左が入り始めた原因でもある。テレビ局の上層部が共産主義者に占領されているのだから、反日の変な番組が流れるのは当たり前である。最近思い出すだけでも、NHKスペシャル「731部隊の真実」での真実とは、何年も不法に抑留された日本兵の、こう言わなければ生きて帰れないと言う証言が真実だとされていた。読売で定期的に特集される「南京大虐殺」番組。入社後に自分で労働組合を立ち上げて書記長まで務めていた人物が長年社長、CEOをやっていたのがフジテレビで、そこの安藤優子が浅田真央にした、あの有名な寒気がするようなインタビュー。TBSとテレビ朝日の報道番組は、いくらでも左に振れるが、決して右に振れた試しはない。朝日新聞だけが問題なのではない。全部朝日新聞と同じだ。こいつら左翼が役割分担しているだけだ。在日に乗っ取られている?こいつらが流している大嘘だ。モリカケはこいつらマスコミのアカが、アカ官僚とアカ野党と仕組んだ倒閣運動だ。国家転覆罪を適用して捜査されても全然驚かない。

  • ya ya

    ya ya

     1 months ago

    タラタラタラタラ、
    話が、長くな〜 元役人
    https://www.thclips.net/video/Aif5FWJEe0U/video.html
    こんな風に要点まとめて、言え
    後、もっとはきはき喋れ。メソメソ喋るな

  • 霊界大師 らすかる国王 眞魚

    霊界大師 らすかる国王 眞魚

     1 months ago +2

    アメリカ連合国と南北戦争の背景である、イギリスの影の支配という流れが発端だろうか?

  • さわたりしゅう

    さわたりしゅう

     1 months ago +1

    馬渕さん 語りが淀みないなぁ カメラの下にカンペあるのだろうか?

  • leopin

    leopin

     2 months ago +1

    よくパヨク崩れの連中が「ネトウヨのバカ共は、社会の裏側にある隠された構造に対して、
    一欠片の知識さえ持っていないが、我々リベラル(または左翼)サイドにいる賢人達は、
    こういう面に関しても途轍もなく深い知識を持っている。リベラルとネトウヨの知性の差は
    凄まじいが、こういった面でもそれが完全に証明されている」などと平気で嘯いているが、
    まさに何をか言わんやだ。

    馬淵さんの仰る通り、まさに自称リベラルまたは左翼(実態はサヨクか単なるパヨク)の
    者共こそが、その自覚すらないまま、奴らの片棒をひたすら担いできたということだね。
    昨日の反移民デモのLiveチャットでもその手のアホが湧いて出てたが、まさに呵々大笑
    としか言い様がなかった。 陋劣もここに極まれりだね。
    岩田温さんの「リベラルという病」でも読んで人生やり直せ、と言いたい。
    「奇怪すぎる日本型反知性主義」ともあったけど、まさに奴らはそれそのものだw

  • arita kuurin

    arita kuurin

     2 months ago +1

    馬渕さんの おっしゃる通り。
    「リベラル」を語る–アカデミズム 特に文系出身者 TV出演者 
    まあ東大、早稲田の政治語り屋さん。
    僕は、彼らをリベラル思想を植えつけられた、価値観教育された–従順な子羊だ 
    と眉唾ものだと、冷ややかな目線で見てました。
    比較的 高学歴者に多いのも特徴なんです。

  • misamaru

    misamaru

     2 months ago +1

    馬渕先生の話しは疑問や矛盾が沸かない。
    やはり歴史が大事ですね。
    他の人は世界を見れてなくてつまらないので。
    お身体に気を付けてこれからも
    世界の読みかたを教えて下さい
    応援しています

  • 国立益美

    国立益美

     2 months ago +1

    この方のお話はじめて拝聴しましたが、圧倒的な論理的説得力を感じ唸りました。第一次大戦アメリカ参戦とシオニズム運動の歴史的絡み、最高裁判事人事「保守」「リベラル」対立図式の意味を、ウイルソン大統領時代から説き明かしています。イギリスEU離脱とトランプ誕生がグローバリズムvsナショナリズムの対立相克ということは悟ってはいましたが、この方の明晰なるご説明で、私の浅い認識をもっと深くしていかねばと思い至りました。馬淵氏の御本で勉強したいと思います。

  • ぶちおくん

    ぶちおくん

     2 months ago +2

    これってデイープステートの仕業?
    何故安倍政権がこれ程急いで外国人労働者出入国管理法改正案を急ぐのか疑問。この法案を影で操る勢力の存在が気になる。小泉政権時、米から年次改革要求が唐突に多数出されたことを思い出す。このタイミングで韓国徴用工問題が大騒ぎになっているが、これを奇貨として外国人労働者出入国管理法改正案問題を考える良い教材にし国家百年の計を考えたい。

  • D S

    D S

     2 months ago +1

    以下引用転載します。

    CatNA

    @CatNewsAgency

    その他
    CatNAさんがリツイートしました
    この動画は本当に必見。結局、ヒトラーを日本と一緒に叩き潰したのはユダヤ人であり、その後、アメリカさえ乗っ取ってしまった。WASPなんて、最早、死語。そのユダヤ人の最強の強みが「ホロコースト被害者」というステータス。中韓が真似するのもさもありなん。

  • daisukegod1

    daisukegod1

     2 months ago +1

    ジジイは話が聞き辛い。

  • 関口益照

    関口益照

     2 months ago +1

    20年以上前だったか、雑誌か新聞か憶えていませんが、誰かが米国の友人(ユダヤ人!)から聞いたという話が載っていました。「国際的な犯罪集団が世界を乗っ取ろうとしている。決して彼らが綺麗ごとで要請してくる組織の設立を許してはならない。米国は既に手遅れだが日本はまだ間に合う・・」という趣旨の話でした。そこではユダヤという文言は使われていなかったと記憶しています。恐らくユダヤ人の大半は、シオニズムを標榜するグローバルマフィアの隠れ蓑として利用されているのだと思います。
    英国ロスチャイルド家の当主であるバロネス、シャーロット・ド・ロスチャイルドは、エリザベス女王を尊敬している大の親日家ですが、私には政治的野心はないと言い切っています。恐らく一族の中には世界支配を企図する野心家もいるということを言おうとしているのだと思います。
    https://byoshonikki.blogspot.com/2014/06/blog-post.html
    https://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1233.htm

  • 合谷洋四郎

    合谷洋四郎

     2 months ago +3

    日本の自称保守派は、エセ保守であり、エセ愛国である。そして、ビジネス保守・ビジネス愛国者である。

  • 合谷洋四郎

    合谷洋四郎

     2 months ago +1

    ナショナリストの馬渕氏が、グローバリストの安倍政権を支持しているのはどう考えても腑に落ちない。安倍は自分では戦前回帰派の保守派を自称しているが、実態はアメリカネオコングローバリストの言う事に忠実に従っている。言う事とやっている事が真逆なのである。自称保守派や愛国者たちもこうした事について安倍を批判しないのはどうした事だ。ネトウヨやネトサポたちも同様だ。安倍信者だから安倍のやる事は何でも支持するのか ? メディアもこうした矛盾について何も言及しないのはおかしい。権力者について忖度しているのか ?