「ひとりがたり馬渕睦夫」#7 ディープステートの原点を探る

Share
Embed
  • Loading...
  • Published on:  Monday, October 22, 2018
  • ディープステートの本質を理解するには、100年の歴史を遡る必要があった!1912年ウィルソン大統領の時代に起こった出来事を紐解きます。そして、アメリカ最高裁判事の真実・・・!

    この番組で皆さんと共有したいことは「今の世界がどのような仕組みになっているのか」ということ。事の本質の理解の一助になれば幸いです。私たちの距離は確実に縮まっていると思います。


    ★「ひとりがたり 馬渕睦夫」再生リスト・・・https://bit.ly/2NatIQL
    ★ご質問・ご感想はこちらまで・・・
    =========================
    <目次的な!>
    ・ブレット・カバノー最高裁判事就任の問題からディープ・ステートという問題を探る
    ・ブレット・カバノー(1965年 - )
     米連邦最高裁判所判事 性的暴行疑惑が起こり野党から糾弾されたが「賛成50 反対48」の賛成多数で承認され就任 なお最高裁判事の任期は終身である
    ・Will11月号 馬渕睦夫『地球見聞録』「トランプ降ろしの背後勢力ディープ・ステート」もお目通しください
    ・ディープステートとは「アメリカの真の支配者」のこと
    ・ディープステートの原点を探る
    ・時事問題の背景は、歴史問題を理解する必要あり
    ・アメリカ建国の精神・国体は、100年前(1912年)より変わってしまっている
    ・1912年の米国
    <ウィルソン大統領就任の舞台裏に仕掛けあり>
    ・ウッドロウ・ウィルソン(1856年 - 1924年)
     第28代米大統領(任期1913年 - 1921年)
     第一次大戦終結(十四か条の平和原則)と国連創設に尽力しノーベル平和賞受賞・民主党
    ・パリ講和会議(ヴェルサイユ会議・1919年)
     第一次大戦の講和会議のほか 国連創設へ向けた新体制構築へ向けて協議
     日本は「人種的差別撤廃提案」を提案 11対5で賛成多数にもかかわらず 英米が強引に潰した
    ・ウィリアム・タフト 第27代米大統領(1909年 - 1913年)
    <サミュエル・ウンターマイヤーがウィルソン大統領を恫喝取引し、
    ルイス・ブランダイスを最高裁判事に任命させた>
    ・サミュエル・ウンターマイヤー(1858年~1940年)
     弁護士・法律家 米国財務省顧問を務める
     米国ユダヤ人委員会委員長・米国ユダヤ人愛国者連盟会長など歴任
     (Samuel Untermeyer ※アンターマイアーとも表記される)
    ・ルイス・ブランダイス(1856年 - 1941年)
     弁護士・法律家 ユダヤ系最初の米国最高裁判所陪席判事
     パレスチナにユダヤ国家を作る運動の先導者でもあった
    ・第一次世界大戦(1914年〜1917年11月11日)
     アメリカの参戦は1917年4月 敗戦国はドイツ、オーストリア=ハンガリー、オスマン帝国、ブルガリアなど
    ・“イギリスが、パレスチナにユダヤ国家をつくることに同意すれば
    アメリカは参戦する”というブランダイスらの米ユダヤ勢力の条件
    ・バルフォア宣言(1917年11月2日)
    第一次大戦終了直前に英バルフォア外相から英ロスチャイルド卿(ユダヤ系貴族院議員)に送られた書簡 英政府の政シオニズム支持表明が記される
    ・現在の米最高裁判事の9名の人事は保守系5、リベラル系4で成立しているが、リベラル勢のうちユダヤ系は3人もいる
    ・リベラルとはユダヤ思想のこと、ディープステートのバックグラウンドである
    ・米ユダヤ系は、少数派(マイノリティ)なのに力がある理由とは?


    ◉「ひとりがたり」馬渕睦夫 #7
    収録:2018年10月10日 時間:32分

    「ひとりがたり 馬渕睦夫」再生リスト:https://bit.ly/2NatIQL


    ご意見・ご感想、お待ちしております!コメントもご遠慮なく!

    製作・著作:林原チャンネル

    ★林原チャンネル 公式HP★
     http://www.hayashibara-ch.jp

    お問い合わせ・ご感想など:


    チャンネルのお気に入り登録もお忘れなく!
    YouTube 林原チャンネル:
    https://www.youtube.com/c/hayashibara-ch

    公式Twitter:
    https://twitter.com/yaramaika360

    =============================
    【浜田マキ子ブログ】
    林原チャンネル社長・浜田マキ子の毎日をレポートしています。
    (iPhoneでSiriを使って文字入力しているアラセブンティー!)
    収録情報も早いですので、ぜひチェックをお願いいたします^^。
    https://plaza.rakuten.co.jp/makikojournal/

    =============================

    【林原LSIのサプリメント】
    好評発売中!良質サプリメント!林原LSIは日本人の健康を応援します!ぜひご注目・ご注文のほどよろしくお願いいたします^^!

    ・公式サイト: http://www.hayashibara-lsi.jp/
    ・公式オンラインショップ:http://shop.hayashibara-lsi.jp/ (定期購入割引、セット販売割引などお得なサービス実施中)
    ・Amazon:https://goo.gl/Qr5rfv
    ・楽天:https://www.rakuten.co.jp/hayashibara-lsi/

    ★特設ページ:「健康の根源は体の内側から!」
    https://shop.hayashibara-lsi.jp/product-buy-form/lp01

    ★林原LSI カスタマーセンター(ご相談・ご注文)
    0120-818-600(ハイハロー!)
  • Source: https://youtu.be/xxC2giu1bjk
Loading...

Comment

  • YUUU A

     (Oct 22, 2018)

    ディープステートや世界中のマスコミから叩かれまくっても全く動じないトランプってもの凄い強い意志を持った人物だな

  • 山田義明

     (Oct 23, 2018)

    その通りだと僕も信じています、事業家で多くの苦労をして富を築き、世界の黒幕の正体も知り抜いています、個人の金儲けは子どもに任せて、国家の金儲けに国民の為に、経験と知力の全てをつぎ込んで、真に偉大な米国を築く為にそんな感じが伝わってきます、他国の指導者ではありますが自国の国民の為に残りの人生を捧げる姿に、真の政治家の心を。

  • 根本富雄

     (Oct 22, 2018)

    トランプはディープステートなど全部解ってるから、仕事で成功した後の70歳超えても、それの破壊が人生最後の仕事だと思って大統領になったのだと思います。安倍首相が若く登場した時の『戦後レジュームからの脱却!』みたいに『ディープステートからの脱却!』なんて本質的な事は言わないで、『フェイクニュースだ!、フェイクニュースだ!』とディープステートサイドをからかってボカして巧妙にやってるかなりの高知能者と観てる。

  • goldearth katie

     (Oct 22, 2018)

    可能なら高評価ボタンを300回くらい押したい気分です。

  • 根本富雄

     (Oct 22, 2018)

    馬渕先生の講義を聞かないと世界の動きが深層から判りませんね、日本にはここまで話を構築してくれる人が居ないので。皆んな目先の事象の浅い解説ばかりですから。

  • 68ootani

     (Dec 26, 2018)

    浅いというより、言えないだけです。云うと失職か迫害を受ける。品の無い言い方ですが、解説者はみな金玉掴まれてる訳です。

  • ハッピーチャンネル

     (Oct 22, 2018)

    今回も神回でした!それにしても、外国勢力が司法権を握り、国が丸ごと乗っ取られるという怖いことが100年前のアメリカに起こっていたのですね。日本でも、弁護士試験に国籍条項が無いばかりに、弁護士会に朝鮮人が跳梁跋扈し、外国人に選挙権を与えようと必死に活動しています。コイツらを今のうちに何とかしないと100年後の日本も悲惨なことになりそうですね。既に、裁判所の判事には変な判決(日本人差別)を連発する奇妙な感性の持ち主が増えていると実感しています。

  • 武富洋子

     (Oct 30, 2018)

    ハッピーyou o’

  • 関口益照

     (Oct 25, 2018)

    少なくとも先方はそう言っています。

  • リバーサミー

     (Oct 22, 2018)

    いつも興味深い題材をお話下さり、誠にありがとうございます。これからも、どうぞ、よろしくお願い申しあげます。

  • キム

     (Oct 23, 2018)

    こちらこそよろしくお願いします。

  • Apeman生

     (Oct 22, 2018)

    【 馬渕睦夫大使の論考 】、いつもながら興味深く拝聴いたしております。今回の「バルフォア宣言」発表に至る経緯、なるほどと納得した次第です。 しかも、大使がいつも公言されておられる様に、秘密情報とかではなく、公開資料を緻密に分析・検証した結果として導かれた結果ということで、なお一層の説得力を感じました。今後とも、馬渕大使のご活躍を祈念いたしております。 そして、この番組を提供してくださる「林原チャンネル」にも謝意をお送りいたします。

  • F BN

     (Oct 22, 2018)

    ここ最近の安倍晋三さんの動きも解説してほしいです。

  • 68ootani

     (Dec 31, 2018)

    安部でさえもこの力の影響力の下にあります。これでは日本の国体を守る政党は無い。安部も四分の一はチョーセンジンですので、移民法、ヘイト法、TPP推進、英語の強制、個人情報保護法、みな日本を分断する為の法律と言える。チョーセンジンが100万人も居るこの国で、益々、いさかいと対立は激化する。それがユダヤ勢力の狙いです。将来が憂慮される。

  • 菅野雄平

     (Oct 22, 2018)

    トランプ大統領があれだけの事が出来るのは、ご自身が実業家で経済的にインディペンデントだからなのかもしれませんね。国際金融勢力の資金に影響されない土台がトランプ大統領はお持ちなのかも、と考えました。

  • Warren Kurren

     (Oct 22, 2018)

    意識と意志とカネ量のバランスが良いからでしょうね

  • 竹内克

     (Oct 22, 2018)

    米国をマイノリティーであるディープステートが牛耳る構造は、日本にも当て嵌まる。日本を牛耳っているのもマイノリティーで、日本人全体から見れば一握りの少数派。当然少数派は多勢に無勢だから、少数でも最も効率よく世論を誘導し、日本国民を支配するためには、マスコミや、教育界等のアカデミズムに入り込んで乗っ取り、左翼思想を植え付けた学生を官僚として送り込み、司法や利権政治屋にも浸透する。一つの国を、目的を持った少数の有機体が支配するには、これ以上効率の良いやり方はない。

  • tronfun

     (Oct 22, 2018)

    日本の少数派を操っているのは世界の少数派。日本から渡米する反トランプデモ部隊をみればわかる。

  • 青猫

     (Oct 22, 2018)

    今回の講義はとんでもない内容ですね。ヤコブ・シフがロシア革命に資金援助する一方で、その顧問弁護士のルイス・ブランダイスは米最高裁判事に就任。イギリスにバルフォア宣言を出させ、イスラエル建国を援助している。社会主義とシオニズムの両方を推進したわけだ。FRBや国際連盟の設立も全部ウィルソン大統領の時代で、補佐官にはロスチャイルド家が送り込んだ社会主義者エドワード・マンデル・ハウスがいたとなると、我々の想像を遥かに超える世界です。

  • 青猫

     (Nov 3, 2018)

    Maria Leon 様「ロシア革命を裏から支援した人達」馬渕睦夫https://youtu.be/dhyXzcOIrwIこの動画の11:40からエドワード・マンデル・ハウスの解説が入りますが馬渕先生の典拠は明らかではありません。ただ一般に日本ではエドワード・グリフィンの著作を典拠にしている場合が多いです。『マネーを生み出す怪物』の中で、父親のトマス・マンデル・ハウスが「ロンドンの匿名の銀行家の在米代理人として財を成した」と書かれていることから、その銀行家がロンドンシティのロスチャイルドであり、息子エドワードも彼らの影響下にあったと考えられているのです。二十世紀初頭の当時、アメリカの四大財閥、ロスチャイルド、J・P・モルガン、ウォーバーグ、ロックフェラーのうちロンドンに本拠地を置いていたのはロスチャイルドだけですから、私もそう考えています。エドワードはイギリス留学後、FRBの創設に関わりますが、FRBは欧州(英国)で確立していたロスチャイルド式の中央銀行体制をアメリカに移植することを目的としていたのであり、彼はポール・ウォーバーグらと共に政治的な代理人として働きました。因みにウォーバーグ...

  • Maria Leon

     (Nov 3, 2018)

    エドワード・マンデル・ハウスをロスチャイルド家が送り込んだ、というのは本当ですか?何か典拠がありましたら是非教えてください。